職員募集情報

Recruit

募集職種

医師 夜勤や当直が可能な方を求めています。
薬剤師 お気軽にお問い合わせください。

掲載されていない職種についても広く募集しています。
関心のある方・詳細を知りたい方は下記までお問い合わせください。

055-282-2151(代) 法人企画グループ 若杉宛

峡西病院で働きたい皆さんへ・・・

積極的な職員教育

入職した職員には、新任者研修を年間を通して行い、当院で働く上で必要とされる基礎的な知識を学んでもらいます。様々な職種の職員から講義を行い、自分の職種とは異なる視点や知らなかった知識に触れることで、多角的に患者さんを理解することの大切さを学ぶことができます。これにより多職種で働くための基礎を築きます。
また、年間計画に基づいて院内研修や地域の方々に向けた研修会への参加も積極的に支援しています。

国内外での職員旅行

職員同士の交流を図るために、2年に一度は職員旅行を行っています。(通常は国内旅行ですが、4年に一度は国内旅行コースと海外旅行コースを設けています)。
基本的には参加者の金銭負担なく参加可能です(積立金を徴収するような制度もありません)。

チーム医療への自信

昨今の医療には、高いレベルでのチーム医療が求められています。
当院には、クリニカルパスミーティングや各種委員会など、職種を超えて意見を交わす風土が根付いています。忌憚のない議論が、病院機能の改善やより良い患者さんの治療・支援につながります。

先輩からのメッセージ

看護師 Aさん 平成24年入職

精神科単科の病院を探していて、ライフワークバランスの取れた感じや、病棟の見学に行った際の楽しそうに仕事をしている雰囲気に惹かれました。

働きやすい病院です。パスミーティングとして定期的に患者さんの治療戦略や今後の方針について多職種で話し合う場を作るので、どのように関わっていこう、という今後の方針も分かりやすいです。
勉強会なども積極的に参加させてくれます。

お休みを取るときはお互い様という風土があり、急なお休みをもらった後も職員間で嫌な雰囲気になりません。休養で休みを移動できるか相談すると、上司の方から有給を取るかと聞いてくれたりと、上の人の理解もあります。
家族が体調を崩したときに休みを取りやすいという点で、非常にライフワークバランスがとりやすい病棟で働かせてもらっていると感じています。ただ育児休業中は無給となるなど、手当面はそこまで厚くありません。

緊急入院があったりすると帰るのが遅くなったりすることはあります。また月に2回ほど時間外研修があって、それがあるときは1~2時間程度帰るのが遅くなります。
もちろんやり方次第だとは思いますが、業務量が多すぎて毎日回らないということはありません。

他の病院との比較や個人の能力によるものだと思いますので、何とも言えないです。

上司を中心に、患者さんに良くなってもらいたいとみんなが一生懸命になっている病棟だと思います。大変なときほどみんなで患者さんに関わっていこうとします。
人間関係で仕事をするうえで、やりにくさを感じたことはないです。医師も気さくで話しやすく、コメディカルも温和な方が多いです。

作業療法士 Oさん 平成15年入職

私は以前、勤務地の異動がある機関に勤めていました。子どもが小学校入学を迎える時、夫婦ともに他県出身で、両親にも頼れない環境では厳しいと悩んでいた時に、同期の当院の作業療法士に相談したところ、峡西病院は自宅からも近く、パート勤務でもよいとの事で就職を決めました。
子どもが高学年になり、少し見通しも出来てきた頃、常勤にさせて頂きました。子どもの行事や急な休みにも対応してもらえるので、仕事と子育ての両立もしやすい環境です。

急性期病棟では、パスミーティングが定期的に行われ、多職種連携がはかれています。病棟スタッフが協力的なので、病棟での作業療法活動がとても行いやすいです。
療養病棟では、看護・介護の担当別のグループ活動が約20年続いています。
季節に応じた活動や、地域への外出など色々な活動を通して、多職種で患者様とかかわり、活動後はその都度アフターミーティングを行っています。
当院の理念「その人らしさ100%」をめざす、働きやすい職場であると思います。

topへ戻る