峡西病院の概要

Information

峡西病院概要

名称 峡西病院
所在地 山梨県南アルプス市下宮地421
代表番号 055-282-2151
開設年月日 昭和32年7月2日
経営主体 特定医療法人南山会
会長/理事長/院長 会長:川﨑光洋/理事長:浅川理/院長:川﨑洋介
病床数 210床
診療科目 精神科
病許認可事項 精神保健福祉法による指定病床10床
精神科急性期治療病棟
精神療養病棟
認知症治療病棟
精神科デイケア施設
精神科作業療法施設
山梨県精神科救急医療システム参加病院
山梨大学・山梨県立大学看護学部・甲府看護専門学校実習施設
協力型臨床研修病院(山梨大学病院・甲府共立病院)
職種別在籍人員 医師:常勤4名・非常勤2.4(常勤換算)
看護職員:看護師39名、准看護師18名、介護福祉士15名、介護員10名
薬剤師: 2名
臨床検査技師:2名
公認心理師:5名
作業療法士:5名
精神保健福祉士:7名
診療情報管理士:1名
管理栄養士:4名
調理員:12名
事務職員:6名
施設管理職員:2名
全職員134.4名

沿革

1953年 8月 私立 峡西病院 開業(創設者 望月正迪)
1957年 7月 医療法人 峡西病院とする
1989年 8月 老人性痴呆疾患治療病棟開設  (現如春館:認知症治療病棟)
1991年 4月 精神障害者生活訓練施設開設(認可全国第1号)
1993年 3月 医療法人峡西病院から医療法人南山会峡西病院とする
1993年 4月 付属施設である峡西老人保健センター(介護老人保健施設)開設
1996年 5月 院長 望月正迪 退任
1996年 5月 院長 假屋哲彦 就任
1996年 7月 医療法人南山会理事長 望月正迪 退任
1996年12月 医療法人南山会理事長 川﨑光洋 就任
1997年 2月 精神障害者地域生活支援センター開設(県内第1号)
1997年 6月 峡西病院作業療法棟新築(現有朋館)
1998年 4月 精神科救急医療施設の指定を受ける
2003年 4月 院長 假屋哲彦 退任
2003年 4月 院長 浅川 理 就任
2006年 4月 医療法人南山会から 特定医療法人南山会となる
2008年 7月 峡西病院新病棟(楽山館)を新築
2008年12月 精神科急性期治療病棟を開始
2011年 4月 日本医療機能評価機構の認定病院となる
2013年 6月 南アルプス市障害者相談支援センター事業の受託
2015年 8月 アルプス訪問看護ステーション開設
2015年10月 山梨県の認知症地域相談センター事業の受託
2015年10月 南アルプス市認知症初期集中支援チーム事業の受託
2018年 4月 山梨県から連携型認知症疾患医療センターを受託
2018年 7月 院長 浅川 理 退任
2018年 7月 院長 川﨑 洋介 就任
2020年 1月 峡西病院新外来・精神科リハビリテーションセンター(与進館)新築
2020年 4月 連携型認知症疾患医療センターから地域型認知症疾患医療センターに移行

病院実績

病院機能評価を実施する「日本医療機能評価機構(以下、機構)」は、厚生労働省・日本医師会・日本病院会などを始めとする保健・医療・福祉に関する団体等からの出資によって設立された公益財団法人です。
機構は、「国民の医療に対する信頼を揺るぎないものとし、その質の向上を図るために、病院を始めとする医療機関の機能を学術的観点から中立的な立場で評価し、その結果明らかとなった問題点の改善を支援する第三者機関」として設立されました。

峡西病院 南山会 特定医療法人 山梨県 南アルプス市

機能評価指標

機構が実施する「病院機能評価」の手順は、「書面審査」と「訪問審査」により構成され、特に「訪問審査」は、一定の研修を受け、経験を積んだ複数のサーベイヤーが「訪問審査調査票」の基づいて実施します。
審査体制は病院の役割や規模によって段階が分かれ、当院の場合は精神・療養の審査体制区分2で、4人のサーベイヤーが3日間の訪問審査を実施しました。また、評価内容も機構の設立以降改定を重ね、当院が受審した段階ではVersion6にまで進化をしてきています。評価の対象となる領域も医療の機能のみならず、病院の組織運営全般にわたり、以下のような8評価領域で、大項目52・中項目137・小項目352という多数の評価項目の評価がなされました。

患者さんの権利と責任

峡西病院では、患者さんには闘病の主体者として、次に掲げる権利と責任があると考えます。

患者の権利と責任 峡西病院 南山会 特定医療法人 山梨県 南アルプス市

組織図

峡西病院 南山会 特定医療法人 山梨県 南アルプス市

topへ戻る